冷え性について|児玉郡のOKA接骨院・整体院

受付時間

OKA接骨院 0495740531

OKA接骨院 アクセス

冷え症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 冬場は毎年つらい
  • 手足が痛いほど冷える
  • お風呂に入っても足先が寒い
  • 夏場でもホッカイロが欠かせない
  • 家の中でも素足ではいられない

症状の原因|児玉郡 OKA接骨院

冷え症は手足の全体が冷えるタイプ、足先だけ冷えるタイプ、体温が低いタイプなど人によってタイプが違いますが、根本的な原因は同じです。結論から言うと冷え性は、自律神経のバランスの崩れによって引き起こされます。

自律神経は、私たちが生命を維持するために、無意識のうちに呼吸や血流量のコントロールなどを行う神経系で、交感神経と副交感神経に分かれます。交感神経は体を活発に動かそうと働く神経で、副交感神経は逆に体をリラックスさせようとする神経です。この2つの神経がバランスよく働くことで、血流は常に一定に維持されます。

しかし、自律神経のバランスが崩れた状態ですと、血流量というのは減少します。血液は栄養とともに体温を運びますので、「血流量の減少=体温の低下」を引き起こします。つまり、自律神経のバランスの崩れが、冷え症を引き起こしているのです。

では、なぜ、自律神経のバランスが崩れてしまうのでしょうか?原因は2つ考えられます。

1つ目は日常生活からくるストレスによるもの。職場や家庭でのストレスのタイプや、環境(温度差が激しいなど)によるストレスによるタイプ、生活の乱れによるストレスのタイプなどがありますが、こちらは人それぞれに原因が違いますが、ストレスによって脳の指令がうまくいかなくなり、自律神経が乱れてしまいます。

2つ目は、背骨や骨盤の歪みによるもの。自律神経は背骨や骨盤のすぐそばにあります。背骨や骨盤が歪むことにより、自律神経を圧迫します。すると、脳へ正確な情報が伝わらず、自律神経のコントロールができなくなり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。また、腕への血流は特に喉元にある関節、足への血流は骨盤部で圧迫されることが多いので、手足が冷えるという方は歪みが原因である可能性が高いです。

症状に対する施術方法|児玉郡 OKA接骨院

冷え症の対症療法としては、入浴や着る物の調整をします。対処をしている間は良いのですが、お風呂上りは段々と冷めますし、着る物も常に最適に調整できるわけではありません。神川町のOKA接骨院では、根本的に冷え症を回復させるには、自律神経のバランスの崩れを正すことが必要だと考えています。

自律神経のバランスを整えるため、背骨や骨盤の歪みを骨格からアプローチすることにより、冷え性の解消が期待できます。

さらに、手の冷え症は「胸鎖関節」という喉元にある関節の歪みによって、腕へ続く血管が締め付けられることが多く、足の方の冷え症は骨盤部の歪みによって、足へ続く血管が締め付けられ冷え症になることが、臨床上多く見られます。

自律神経のバランスを整えながら、特定の部位の矯正をすることでさらに早期の解消を目指します。冷え症でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

執筆者:
OKA接骨院 院長 岡芹侑哉

ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。柔道整復師・鍼灸師の岡芹侑哉(おかぜりゆうや)と申します。神川町のOKA接骨院では、骨格・骨盤矯正、鍼灸施術をメインとした施術を取り入れています。それによって「二度と痛みに困らない」ことを目指しています。

お問い合わせ

OKA接骨院

0495740531

OKA接骨院 アクセス

住所

〒367-0241
埼玉県児玉郡神川町元原25

アクセス

丹荘駅から車で6分
駐車場10台完備

受付時間