こどもの肘の脱臼(肘内障)について|児玉郡のOKA接骨院・整体院

受付時間

OKA接骨院 0495740531

OKA接骨院 アクセス

こどもの肘の脱臼(肘内障)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 子どもの手を引っ張ったら泣いてしまった
  • 過去に何度も肘内障になっている
  • 子どもが、肩が外れたと言われた
  • 寝返りをうったら泣き出した
  • 子どもが手を動かそうとしない

症状の原因|児玉郡 OKA接骨院

幼稚園や保育園に通っている子で、「肩が外れた」と言われた経験はありませんか?結論から言いますと、子どもの「肩」が外れたというのは実は誤りのことが多く、正確には「肘」が外れます。腕にある2本の骨のうち、親指側の骨の頭が、ちょっと外れてしまっている状態です。

これを「肘内障」(ちゅうないしょう)といいます。まだ言葉もうまく話せない年齢の子どもがなってしまうので間違いやすいのですが、多くは肘が外れることが多いのです。

肘内障になる原因には以下のようものがあります。

・買い物中に子どもの手を引っ張った

・こどもと遊んでいて、腕を引っ張ったら抜けた

・寝ている最中に、腕を体に巻き込んで抜けた

・雲梯(うんてい)で遊んでいたら抜けた

・服を脱ごうとしたら、服に引っ張られた

・友達に手を引っ張られた

などです。肘内障になると、お子さんにとっては激痛ですので、号泣します。そのため親としても焦りますが、慌てずOKA接骨院にご連絡ください。

症状に対する施術方法|児玉郡 OKA接骨院

神川町のOKA接骨院では、肘内障の適切な整復を行っております。肘内障は特に後遺症になったり、将来に影響が出る疾患ではありませんが、痛みが強いためすぐに来ていただくことが望ましいです。また、普段からは肘内障にならないように対策が必要です。

対策には2つあります。

・お子さんの腕を急に引っ張らないように意識する

・お子さんを持ち上げるときは、お子さんの脇の下に手を入れて持ち上げること

この2つを意識するだけでも、肘内障のリスクはグンと減ります。親御さんは「高い、高~い」をするときに、急に子どもの腕を引っ張らないようにしましょう。

もしも、お子さんが肘内障と疑われた場合は、施術には1分もかかりませんので、すぐにご連絡ください。

執筆者:
OKA接骨院 院長 岡芹侑哉

ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。柔道整復師・鍼灸師の岡芹侑哉(おかぜりゆうや)と申します。神川町のOKA接骨院では、骨格・骨盤矯正、鍼灸施術をメインとした施術を取り入れています。それによって「二度と痛みに困らない」ことを目指しています。

お問い合わせ

OKA接骨院

0495740531

OKA接骨院 アクセス

住所

〒367-0241
埼玉県児玉郡神川町元原25

アクセス

丹荘駅から車で6分
駐車場10台完備

受付時間