椎間板ヘルニアについて|児玉郡のOKA接骨院・整体院

受付時間

OKA接骨院 0495740531

OKA接骨院 アクセス

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • いつもは安静にしていれば良くなるのに、今回は良くならない
  • 足の方まで痛くなってきた
  • 毎日湿布を貼っている
  • 痛みのせいで休職している
  • 手術を受けようか検討している

椎間板ヘルニアの原因とは?|児玉郡 OKA接骨院

椎間板は背骨と背骨の間にあり、背骨の「安定」と「運動」に関係しています。この椎間板の一部が飛び出して、神経を圧迫するものを「椎間板ヘルニア」といいます。年齢としては20~40代の方に多く見られます。

神経が圧迫されてしまうことによって腰痛や足のしびれが発生します。ひどいと歩けなくなってしまうこともあります。

病院では診断に画像検査(MRIなど)が用いられますが、多く場合、画像検査と症状は一致しません。軽く飛び出ているだけでも激痛が走ることもあります。また、飛び出ている場所と症状もほとんど一致しません。

そのため痛みがひくまで注射をしたり、痛み止めを服用したりすることによって自然治癒を待つしかなく、慢性化となってしまうこともしばしばです。日本では割とすぐに手術を選択される傾向にあります。

椎間板ヘルニアを手術せずに解消するには、体のどこを解消すればいいのでしょうか?神川町のOKA接骨院では、椎間板ヘルニアになってしまう大きな原因は体の歪みだと考えております。体の歪みは姿勢を変化させます。多いのは前かがみの姿勢にさせてしまうものです。力学的にも負担のかかりやすい姿勢へ変化することにより、椎間板が圧迫されると、椎間板は飛び出しやすい状態になります。

体の歪みが姿勢を変えてしまうことが、椎間板ヘルニアの根本的な原因となります。歪みが戻っていない状態で電気やマッサージ、更には手術を選択しても、全体が治っていない場合、また椎間板ヘルニアを再発することになります。

当院の椎間板ヘルニアに対する施術方法|児玉郡 OKA接骨院

歪みを整え、姿勢を解消することで椎間板ヘルニアになりにくい姿勢を作ることが必要です。神川町のOKA接骨院では、椎間板ヘルニアに対して特殊なアプローチ方法があります。一度飛び出てしまった椎間板は戻らないと思われがちですが、解消することは可能です。特殊なベッドを用いることにより椎間板を戻すことができます。

日本では椎間板ヘルニアというと、すぐに手術が選択されますが、海外では通常は保存療法が選択されます。何度も言いますが、日本だと手術をし過ぎです。どうしても手術が必要な場合もありますが、全体から見ればものすごく少数です。

もちろんですが、椎間板ヘルニアになってしまう前にケアをすることの方が楽です。早めに腰痛を取り去ることで、その先にあるヘルニアや脊柱管狭窄症を防ぐことができます。

ヘルニアになると仕事や家事、日常生活が送りづらくなります。また、手術を選択するにも時間とお金がかかります。そうなる前に解消したい方はぜひご相談ください。

執筆者:
OKA接骨院 院長 岡芹侑哉

ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。柔道整復師・鍼灸師の岡芹侑哉(おかぜりゆうや)と申します。神川町のOKA接骨院では、骨格・骨盤矯正、鍼灸施術をメインとした施術を取り入れています。それによって「二度と痛みに困らない」ことを目指しています。

お問い合わせ

OKA接骨院

0495740531

OKA接骨院 アクセス

住所

〒367-0241
埼玉県児玉郡神川町元原25

アクセス

丹荘駅から車で6分
駐車場10台完備

受付時間